建築実例

W邸



長らく食料品店を営んでこられた店舗付住宅の店舗部分をリビングに改修しました。

もともと店舗だったことから、道路に面して大きな開口が開かれていましたが、壁を設け、窓を上下に分けることで道路からの視線に配慮し、リビングのプライバシーを守りました。上部の窓からは「光」を、下部の窓からは「風」を取り入れます。
外部は、杉の外壁と花壇の植栽で、ぬくもりのある雰囲気を演出しました。
内部は、店舗の天井裏に隠れていた鉄骨の梁をデザインとして見せることで、天井の高い開放的な空間としました。

改修前の外観。道路に面した店舗部分。屋根瓦は古くなり、雨漏りの心配も・・・。

改修前の外観。道路に面した店舗部分。屋根瓦は古くなり、雨漏りの心配も・・・。

改修後の外観。道路に近い壁は杉板張りで、ぬくもりある雰囲気に。屋根も金属で葺きなおしました。

改修後の外観。道路に近い壁は杉板張りで、ぬくもりある雰囲気に。屋根も金属で葺きなおしました。

道路からの視線をさえぎる位置に設けた窓。少し気配は感じるように、閉じすぎず、開きすぎず・・・。

道路からの視線をさえぎる位置に設けた窓。少し気配は感じるように、閉じすぎず、開きすぎず・・・。

床と壁の一部には無垢の木を使用し、ぬくもりのある空間に。

床と壁の一部には無垢の木を使用し、ぬくもりのある空間に。

上下に分かれた窓からは、プライバシーを守りながら光と風が入ります。

上下に分かれた窓からは、プライバシーを守りながら光と風が入ります。

店舗だった部分の天井の中に隠れていた鉄骨梁。デザインに取り込むことで天井を高くしました。

店舗だった部分の天井の中に隠れていた鉄骨梁。デザインに取り込むことで天井を高くしました。